レンタルコンサルタントのカウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


よく子供の読解力について話題になりますが、
私も、たまにそうした事について聞かれます。
私自身読解力がもっとあればと思いますし、
さらには自分の子供にも常々読解力を身につけて欲しいと願いながら
叶えられていないというのにです。

読解力については、専門家(?)の方々はもちろん
多くの方が、ああすればこうすればと色々な事が言われていますし、
それで十分と思いますが、
しかし何度もそうした事が聞こえてくる中で、
私もツラツラと考えておりました。

そうして一つ私なりに考えたのは、
読解力とは想像力であり、コミュニケーション力ではないかと言うことです。
つまり読み取るということについて考えた時、
まず言葉を知らなければ話になりませんが、
その上で、文章を読み、その文章からシーン、絵を想像することになります。
そうするとその前後や文章の世界への想像が広がり、
細部までが見えてきますし、
物語ではなく論文や説明でもその説明しているモノが見えてきます。
そうして想像出来たものの中に尋ねられている答えを見出せば良いのです。
そこでコミュニケーション力が問われます。
文章について単純に聞かれた事は想像し、見えてきた中で答えを探し答えれば良いのですが、
それを踏まえて答えを考えるような問題や質問の場合、
そのシーン、映像のを想像し、そこに質問や問いを重ねなければなりません。
そうしてその映像が、シーンがどう動くかを考えなければならないのです。
そしてその動いたシーンを的確な言葉で相手に伝えなければなりません。

どうでしょう? そういうふうに考えると読解力とは前述したように
想像力であり、コミュニケーション力だと思いませんか?
とすると身に着ける方法として、私は文章を、本を読ませるばかりでは
結局、本を読むこと理解する事は出来ても、
それを元に質問に答える事は難しいと思います。

もちろんそれは基本ですが、シチュエーションと気持ちを想像し易くするために
いろいろな世代、立場の人とのコミュニケーションと様々な体験が大切だと思いました。 
人とのコミュニケーションは
子供なら・・・大人なら・・・老人なら・・・ 先生なら・・・学生なら・・・
会社員なら・・・コンビニの人なら・・・
と多くの世代、立場の人の気持ちや思考を想像する手がかりとなり、
山登りの体験は登山家の、運動会はオリンピックの、工作は開発者の・・・
そうしたものの想像の手がかりとなります。

そしてそうして培った体験とコミュニケーション力は、
読むことから内容を想像させ、尋ねられた事にどう答えるか、
その流れを感じ答えるべき事が自然に出てくるようにするのではないかと考えます。
なので、読解力を付けるには、付けさせるには
「多くの人とのコミュニケーションと色々な体験をさせ、その上で本を読ませなさい」 
というのが私の答えです。

そしてこれは大人でもそうした事が苦手な人にも言えることであり、
また大人も、こうした方法でまだ身に着けられると私は思います。
そう、読解力とは気持ちを汲み取る力でもあるんです。

今日は成人式ですね。
東京は冬晴れのとても良い天気で気持ちが良いくらいです。
まさにハレの良い1日になりそうですね。 

成人式には毎年いろいろな声が上がっていますが、
「式」をどうするかは「成人とは?」これは18歳成人へ向けて
大人がしっかりと考えないといけないのかもしれません。

さて、新成人の皆さんはどんな思いで今日を迎えているのでしょうか
一つの区切りとしていろいろと思う所があるかもしれませんね。
お酒やたばこ、それに選挙権も出来る事が増え、
皆さんはその権利を手にすることになります。
しかし、権利を手にする、出来る事が増えると言う事は、
同時に義務と責任を負うと言う事です。 
大人や社会はそれを教えてはくれません。
なので成人した自分がどんな権利を持ち、どんな義務を負うのか
それは法的ルールだけではなく、
社会から求められるものも知っておくのが大切です。
全て従うべきとはいいません。でも知って自分はどうするかを考えてください。
しっかりと自分で「選択」することを。
全てにおいて自分が「選択」出来る事こそが権利で有り、
だからこそ選んだものは自分の「責任」なのだと覚悟をもってください。
そしてより良い選択をするために多くの事を知りなさい。
今の世の中には情報、知が溢れ、知ろうとすれば学ぶ方法はいくらでもあります。
それを知って進むか知らずに闇雲に進むか・・・
その違いは少し考えれば分かるはずです。
知ろうとすること、それを止めないでください。
受け入れる柔軟さは若いほどありますし、周りも教えてくれますから。

それとネットを無知なまま頼るのは止めなさい。
闇雲にネットが、デジタルがいけないとは言いません。
ネットはデジタルは、今や前述した「知」を得る大きなツールです。
但し、使い方と特製を把握し使いこなしましょう。
今のネットはとても良く出来ていて、考えずに使っていると
自分の好みや考えに沿ったものを自動で提案し、検索していくようになります。
それだけに自分の考えや思い、知識が正しく、それが全てと思いがちです。
でも基本的にネットは検索して出てくるものですし、
自動で抽出されるものも全ては自身のいつかの、
どこかの検索や入力したデータから抽出されているものなのです。
だからこそ、何かを考える、調べる時にはその反対も調べ、目を向けてください。
世の中には大抵反対の思いがあるものです。
なぜ異なるのか、なぜ違うのか、なぜそう考えるのか・・・
それを知って、異なるものであっても認める、考える事、向き合う事をしなさい。
その上で、自分が「選択」するようにしてください。

全ては自身の権利と義務、自由を楽しむために。 

偉そうですが、
この歳になったおじさんが思う事を勝手に書かせていただきました。

皆様、自分を楽しめる大人になってください。
それでは良い成人の日を。

新たな年が始まりました。
大半の方は4日は挨拶程度で昨日からが本格的な仕事始めだと思います。
この週末は成人式の三連休ですし、今週はリハビリ期間と昨年までなら思っていましたが、
今年は私自身もですが、個人的には世間の雰囲気も
昨日からバタバタとしているように感じます。 
実際、関わりのある方々も昨日からフルで仕事だったようです。

ただ、今年は昨年から言われている働き方改革の流れでしょうが、
年末年始、正月もそれぞれの業種で無駄を省き、休める部分はしっかりと休む事で
働く時に充実した働きでパフォーマンスを上げる方向に変化したようですから
とても良い傾向だと思います。
だからこそ、仕事始め、仕事を始めたならしっかりとするという事から
世の中がバタバタとして年初から忙しく感じるのかもしれません。
これはこれで良いスタートですね。 

さて、私も昨日から仕事を始めたのですが、
普段偉そうに言っているのに、自分が直近のスケジュール調整と
昨年末から続いてしまった別件の仕事で一日追われ、
前述したように思ったよりも忙しい始まりとなり、
このblogも本日の更新となりました。
一応、このblogの更新は毎週月曜を意識しているのですが、
やはり仕事の状態やお客様とのコンサルティングのお約束などで
ついつい後に回したり、お休みしてしまうことも少なくありませんでした。
初回から遅れて言い辛い部分はありますが、
だからこそ「今年は」と此処で書かせて頂きます。
そう、今年はもう少ししっかりとblogも書きたいと思います。
また、昨年、blogが長すぎるという声もありましたので、
少し短くする努力もしていきます。

それと、昨年からTwitterを始めました。
短いつぶやきもしていきます。よろしくお願いします。

※一応言って起きますが、
ZOZOTOWNの前澤社長の事で始めたわけではありません。 
その前、昨年から始めておりました。 

今年も残り1時間を切りました。
結局最後までバタバタとしていましたが、
なんとかこれでほんの数時間と年が明けての数日は
少しゆっくりと時間が取れそうなので
前回書いたように手帳を開きこれまでの一年を振り返り、
これからの一年を考えていきたいと思います。
今年も多くの人と話し、多くの気になる記事から教えられる事、
考えさせられる事に気付かされました。
普段はなかなかそうした事をゆっくりと考えられないので
自分で自分の為に掘り下げる時間
自分を満たしていく時間を持ち、新たな一年に備えたいと思います。

またこれからの一年、よろしくお願いします。
皆様にとっても良い一年であります事を願って。 

今年もいよいよ終わりに近づいて来ました。
仕事納めを考えつつ、忘年会に追われる日々ですね。
でも毎年思いますが、当然12月も同じ一ヶ月ですし四週間、三十一日なのですよね。
しかも12月は最終週はほとんど無いという感じなので、
実際、仕事は三週間くらいになります。
そこに年末のいろいろな整理というかまとめ的なものや、
年の最後に売り上げや成績を上げるための仕事が多くなるので、
まさに師が走る状態になります。

私の仕事でも、この時期は今年のまとめ、反省と、
そこから来年の計画立てが多くなります。
全体を落ち着いて眺めるには年度替わりよりこの時期が適していると私は思っています。
この時期の総括は大きく年の反省をしつつ年度としては途中なので
感覚的に一年、実際には4月からの八ヶ月ですが、それをしっかりと振り返り、
4月に向けて最後の仕切り直しが出来ますし、
そこから繋いでの来年度への方針も考えられます。
また、年度末ではないので、移動、引き継ぎ、決算などのバタバタもありません。
実はビジネスでも気持ちを落ち着けてしっかりと見渡せるのは年末年始だと私は考えております。
もちろん個人的にもそうなので、
もう少し落ち着いたら、私自身今年と来年を考えてみようと思います。
あまり考えたくない事も多くありますが・・・しっかりと反省も必要ですから。

来年は消費税増税も、いろいろとややこしい形で導入されるようですし、
10連休も気になります。
それに中国とアメリカの動向にヨーロッパのEU、イギリス、フランス・・・。
その前に日本での小売りの行く先にも多くの不安定さを感じます。
新たな流れは不安もありますが、それは常にチャンスも産むと信じて
そうした事に向き合っていきたいと思います。

想像で不安だけを大きくしてもしかたありません。
どうせなら希望を想像し楽しみましょう。

さて、来週はある意味希望の象徴、クリスマス。
大人にも良いサンタが来ることを願って・・・。 

このページのトップヘ