レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン イメージ画像

更新情報

Twitterでも呟きましたが、この二週間はコンサルの仕事よりも確定申告に追われておりました。毎年言っている気もしますが、こうした仕事をしているのに情けないことに、確定申告は本当に苦手です。コンサル意外にも好きがこうじていろいろと他にしている事もあるので、私にと

コンビニの本部とオーナー間の24時間営業の問題がニュースになっていました。この数年言われている事ですが、利益率や客数、客単価を考えると今や地域によっては24時間、深夜営業は赤字にしかならないところも少なくないと思います。 それなのにインフラやフランチャイズ契

このところ、またバイトテロ、バカッターと言われるニュースが続いています。大抵若者でネットネイティブと言われるような世代が、ネットの世界に慣れている彼らが、なぜそれを自ら流してしまうのか?おじさん世代にはとても理解できない事かもしれませんが、それを理解し、

以前にもサポートセンターのクレーム対応について書きましたが、また先日、二件ほど自分の体験をから感じた事を書こうと思います。 前回書いたのは、クレームとクレーマーのタイプに対しての話でしたが、今回はクレームのタイプではなくサポートセンターのスタッフについて

よく子供の読解力について話題になりますが、私も、たまにそうした事について聞かれます。私自身読解力がもっとあればと思いますし、さらには自分の子供にも常々読解力を身につけて欲しいと願いながら叶えられていないというのにです。読解力については、専門家(?)の方々

↑このページのトップヘ