ずいぶんと暑くなりましたね。五月病が去ったと思ったら夏ばてになりそうな勢いです。
梅雨入りもすぐなのでしょうが、ビジネス的には夏と秋ですね。私の関わるのは直前が多いので、
今は夏に向けての企画やキャンペーン、それとボーナス商戦のご相談がメインですね。
自分のジュエリーやギャラリー関係もそうした事を考えないといけないのですが、
どうしても自分のは後回しにしてしまって、しっかり練りきれず駄目ですね。
それでも自分のことは常に頭にある事ですから、まだなんとかなっている感じです。

実は5月、6月は週末イベントやセールがあるのですが、今もその内容を考え対応中です。
お客さんの相談事と合わさりバタバタですが、
私は元来飽き性なので、少しバタバタするくらいの方が調子が良いみたいです。
こうした事は人それぞれタイプがあるかと思います。
前述したように私は飽きっぽいので、一つをじっくりやり続けるのは苦手で、
職人や研究者、アーティストは、ある意味では永遠のあこがれですね。
そんな感じなので、私の普段の仕事の仕方は、自分の中で常にやることを幾つか抱えていて、
一つに煮詰まったら別の事をして自分の中で回しています。
その方が気分が変わるのでうまく進みます。マルチタスクタイプですね。

 因みに私には子どもがいるので少しお話しすると、
子どもにもマルチタスクタイプとシングルタスクタイプがあると思っています。
それは勉強の方法の向き不向きで、シングルタスクタイプは一つの強化をじっくり眺め、
一時間から二時間でゆっくりとこなしていくのがいいですね。
覚える事も何度も繰り返す方が良いと思っています。
そうではないマルチタスクタイプは幾つか勉強科目を用意しておき、
問題集なら1項目ごとに時間で言えば30分くらいを目安に
パタパタと変えてするのがお勧めだと思います。
暗記物も、それ自体を何度も書いて覚えるより、
それに関する問題を多数やって問題を解くことで何度も書く機会を持たせ、
参考書のように使ってしまうのが良いと思います。

 さて話を戻すと、そんなマルチタスクタイプといっても、
過信しすぎると頭や気持ちがオーバーヒート気味になります。
まあ、タイプとしてお話ししただけで優秀さやそれぞれの許容量は別の問題なので。
そんな時の自分の対処法もいくつか探しておくのもお勧めしておきますが、
そうした時の私の対処法の一つがサービスに定評のある落ち着いたカフェ、喫茶店に行くことです。
レストランやバーじゃないのは、かしこまり過ぎないのと自分が食べるのに忙しかったり、
アルコールで羽目を外すためでないからです。
あくまでも私にとっての目的はクールダウン。
自分のスケジュールと仕事、気持ちの整理の為だからです。

どういう事かというと、広い空間、スペースで行き届いたサーブを受け、
ゆっくりとその秩序ある世界に身を置いて、そうした仕事の出来る人を眺めていると、
その確かさと落ち着き、流れるような動きに自分自身も落ち着いてくるんです。
私にとってのメトロノームのようなものでしょうか。
自分の中のテンポがそれに導かれるんですね。
そうしたところで、今の自分を整理し、そこをでるまでに自分の中でリセットが行われ、
仕事も気持ちもスッキリした状態になります。
まあ、自分の事務所や机の前でそれが出来ると良いのでしょうが、
普段の許容量を越えそうだなぁ・・・疲れてるかも・・・と思った時にはこれが効きます。
みなさんもご自分のリセット方法、癒しの方法、どこかに持っておくことをお勧めします。
よろしければ私のような別の人間と話すのもお勧めですよ。
いつでもレンタルコンサルタントでお声をおかけください。
冷たいものでも飲みながらゆっくりとお話ししましょう。