仮想通貨を扱っていたコインチェック社が、
その一種のNEMを抜き取られたニュースが話題になっています。
ネットの事を考えると、こうした事は想像はしていましたが、
当然出来る限りの対処はしているでしょうし、まさか本当にこれほどの規模のが、
まさに今起こるとは・・・と言うのが正直な印象です。

 この数年の間にビットコインを代表とする仮想通貨が随分と知られるようになり、
昨年は一気に盛り上がりをみせ、仕事とは関係のない知り合いも何人かが始めていました。
私はこうした事をしながらも株を少しやる程度で、FXや先物などには手を出しておりません。
どうにも私的にはコントロールが利かないものに思えますので。
同じ理由で仮想通貨にも手を出しておりません。
ですが、やはりこうした状況になると仕事でもプライベートでも何人かから
「仮想通貨ってどうなんですかね?」「どういうものなんです?」と聞かれていました。
その度に言ってきたのですが、研究したわけではありませんし、わずかな知識と印象だけで言うと
「博打のように、損も覚悟で一か八かでやるなら良いですが、
なくなってもかまわないという覚悟がなければやめた方が良いと思いますよ」と答えてきました。
そうすると「なんでですか? 儲かるのに」といった感じで多くの方から返されました。

そこでの私が最初に言うのは、その「なんでですか? 儲かるのに」というのは
すでに儲かることを前提としか考えていなくて危険であるということ。
投資には「絶対」はありません。
目がくらんでその意識がないなら、すでに冷静な判断力を失っていると言えます。
二つ目に通常の通貨のようにどこか国が保証をしているわけではなく、
皆の総意によって価値が決定されていること。
つまり、これは絵画や彫刻などの美術品と同じです。
誰かが必ずその値段で買い取りますというところはないんです。
国がすべてを保証できるわけではありませんし、国そのものが破綻することもありますから、
同じでは?と言われそうですが、それでもやはり責任を持つ規模、
いわゆるバック(背景)が違います。
仮想通貨は連合体として責任を管理はしていますが、明確にどこが責任を持つとは言っていません。
そして何より信用の問題です。
これはたぶん皆さんが考える信用とは少し違い、とても単純なところで、
通貨といいながらまだまだ本来の目的である通貨としては定着せず、
モノとしての投資目的で沸騰しているのは、嗜好品と同じで、
人の感覚で価値が上がっているだけです。そこには何の根拠もないのですから。
そういう意味で、まだ信用出来ないと考えます。
これが本当に一般的に世界共通で通貨として流通していったなら、
そのとき始めて為替として投資出来る気がします。

今更ですが、まだまだ「それがどういうものか」が見えていない商品だと私は思っています。
よけいなお世話かもしれませんが、
これから投資される方はその点をよく理解した上ですることをおすすめいたします。