お盆は皆さんお休みになれましたか?
サービス業や飲食業の方は普段より忙しかったのでしょうが、
秋の行楽シーズンに向けて、ちゃんとこれから代休が取れるといいですね。 
私はこの二週間ほどこちらのblogを更新しませんでしたが、
一週間はサボりで、先週はお休みさせて頂いておりました。
とは言えフリーですし、嫌いではないので
無理のない範囲でご依頼があった時にはお話しさせて頂いていましたが、
おかげさまで思った以上にゆっく出来ました。 

そうしている間にも世の中は様々に動いて
いていろいろと気になるニュースが流れていました。
そんな中でも気になった一つは大塚家具のニュースですね。
大塚家具については丁度1年前にこのblogで
「大塚家具の行方」というタイトルで書いています。


あれから一年、報道を見ているとやはり大塚家具は
上手く変わる事は出来ていないようです。
少し振り返ってみると、
昨年の時点で私が感じ考えたのは大きく分けると三つです。

_甬遒箸修譴鮹曚上げた人達を全否定するのは間違い。
一方的にダメな事は無い。それぞれに良い面、悪い面がある。
Lね茲紡个垢襯劵鵐箸浪甬遒砲△襦C△慧えでは無い。

それと具体的にはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大塚家具ほどの会社であれば、
先代の培って来た高級で接客重視の大塚ブランドの店舗と新社長のカジュアルな接客と商品、
さらにはリユースまでを扱うお店が共存していても良かったと思います。
その上で、今の時代の高級家具、高級接客というものをしっかりと考え直し、
新社長もカジュアル家具も新ブランドとしてグループで立ち上げ、
研究を重ねればよかったのではと思います。
せっかくそこにある経験とアイデア、それを争い合わせられなかったのが
一番の失敗だったと考えます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書いています。

基本的に今も報道からの情報を見る限り間違ってはいないと思っています。
ですが、具体的な部分で、カジュアルな接客と商品そしてリユースの扱い方、
ビジネスの進め方はIKEA、ニトリがあるために、
新機軸は私が当初考えている以上に難しいと言えます。 
これは、今、他業種でもAmazonなどを踏まえると、
いろいろな業界で考えさせられている課題です。
そして高級家具、高級接客も
今の時代にあったものを考え直さないといけなかったと思います。
それはどういうものか・・・
少し抽象的な書き方になりますが、
私は一つの方向としてオーダー、セミオーダー高級家具
そして接客はインテリアコーディネイトとアドバイザーだと考えております。
ターゲットはもちろん富裕層がメインですが、一点豪華主義的な中流層、
そして企業や店舗。
その上で保険のファイナンシャルプランナーのように
総合的に家具、インテリアのアドバイスをしてくれる、
ことによると店舗プロデュース、ハウスプロデュースまでするような
そうした方向になればと考えていました。

いかがでしょう?
前述したように今回の大塚家具の問題、
私はAmazonやメルカリなど新しいビジネスが一般化する中で
他の業界、業種でも根底に同じ問題を抱えている気がします。
それぞれの問題から目を背けず、今回の事を他山の石として、
考えるべきを考えなければ次の時代に残れないのではないでしょうか。

自社で考えるきっかけが必要なら、是非、お声をおかけ下さい。
一緒にこれからを前向きに考えましょう。