このblogで何を書こうかと考えていたところ、
経団連会長が就職活動の時期などを定めた
「就活ルール」の廃止に言及したとのニュースが聞こえて来ました。

国境を越えた人材の獲得競争が広がる中、
経団連が個別企業の採用活動をしばるのは現実に合わないという事、
経団連が採用の日程に関して采配すること自体に極めて違和感があるといった考えで、
一方で安倍首相は、学業への配慮や公平性からでしょうか、
採用のルールを守るように言っているようです。

こういう仕事をしながら、私は正直経団連とか会長とか好きではないのですが、
就職ルール、特に就職活動の解禁日などについては、
この言葉だけで言えば、基本的にその撤廃には賛成です。

就職活動の解禁日程などは、今や日本特有の建前感が強いですし、
活動としても正直者が馬鹿を見るような傾向が強い気がします。
そんな建前なら、厳しい現実とは言え誤魔化されるより無い方が良いと思います。 
それでは活動が早まって学業がという意見がありますが、
それこそきれい事かもしれませんが、
私は大学も就職を考えての学業など辞めてしまえばいいと思っています。
当たり前ですが大学は義務教育ではありませんし、
高校を卒業し、更になにがしかの勉強を、研究をしたいという人間が行くところです。
その価値を大学には保ってもらいたいと思います。
その為にも、その学ぶ事は本当に高度であれば良いと思いますし、
だからこそ、それを修了してこそ価値があるものとし、
企業もその学問を踏まえ、大学名でなく何を学び身に着けたか、
それを修了した人こそ必要だという意識で採用してもらいたいと思います。
逆に専門学校は仕事ややりたい事に向けた技術の習得と
その後の仕事の為に行っているような所ですから、
就職に対する早めの対応と企業側も採用を考えても良いかと思います。
それで専門学校などで就職のために授業数が足りないなどとなるなら、
一年増やし、その一年の大半は就職活動で割り切れば良いと思います。

すでに終身雇用は崩れ、グローバル化が進む中、
どちらにせよ、企業が何を学び身に着けたか、何が出来るかで
しっかりと採用するようにしてもらえれば、
解禁日などの指定はなくても良いと私は考えます。
そして、これにより新卒の一斉採用が見直され、
中途採用も含め年齢に関係なく求人があれば求職側も
新卒で焦ることもなくなるかと思います。
確かにある意味では厳しくなると言えますが、
繰り返しますが、すでに終身雇用が崩れ、グローバルになった世の中で、
入口だけを一斉に保ってもお互いがミスマッチで数年の離職率が高くなるだけです。
それならば、最初から現実と向き合い学生時代、
大学に行くかどうかからしっかりと考えられる方が良いと思います。
数年後には18で成人の世の中です。
まだしばらくは正式には一斉解禁が続くでしょうが、
経団連会長の口からこうした言葉が出るほどです。
学生も企業も現実は異なることを頭に入れ、
これからを考える事をお勧めします。