今年もいよいよ終わりに近づいて来ました。
仕事納めを考えつつ、忘年会に追われる日々ですね。
でも毎年思いますが、当然12月も同じ一ヶ月ですし四週間、三十一日なのですよね。
しかも12月は最終週はほとんど無いという感じなので、
実際、仕事は三週間くらいになります。
そこに年末のいろいろな整理というかまとめ的なものや、
年の最後に売り上げや成績を上げるための仕事が多くなるので、
まさに師が走る状態になります。

私の仕事でも、この時期は今年のまとめ、反省と、
そこから来年の計画立てが多くなります。
全体を落ち着いて眺めるには年度替わりよりこの時期が適していると私は思っています。
この時期の総括は大きく年の反省をしつつ年度としては途中なので
感覚的に一年、実際には4月からの八ヶ月ですが、それをしっかりと振り返り、
4月に向けて最後の仕切り直しが出来ますし、
そこから繋いでの来年度への方針も考えられます。
また、年度末ではないので、移動、引き継ぎ、決算などのバタバタもありません。
実はビジネスでも気持ちを落ち着けてしっかりと見渡せるのは年末年始だと私は考えております。
もちろん個人的にもそうなので、
もう少し落ち着いたら、私自身今年と来年を考えてみようと思います。
あまり考えたくない事も多くありますが・・・しっかりと反省も必要ですから。

来年は消費税増税も、いろいろとややこしい形で導入されるようですし、
10連休も気になります。
それに中国とアメリカの動向にヨーロッパのEU、イギリス、フランス・・・。
その前に日本での小売りの行く先にも多くの不安定さを感じます。
新たな流れは不安もありますが、それは常にチャンスも産むと信じて
そうした事に向き合っていきたいと思います。

想像で不安だけを大きくしてもしかたありません。
どうせなら希望を想像し楽しみましょう。

さて、来週はある意味希望の象徴、クリスマス。
大人にも良いサンタが来ることを願って・・・。