レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン イメージ画像

コンサルティング

 ホームページを立ち上げてから一ヶ月。このブログも仕切り直してスタートしなければと思いながら、今日になってしまいました。もう少し早く書く機会もあったのですが、自分の怠け心に負け、ついつい卒業、入社と続く年度始めのこの時期まで過ごしてしまいました。いけませ

コーチングという言葉がもてはやされ、定着してどれほどになるでしょうか。今や誰もが仕事の中で使っていますが、逆に言葉だけが一人歩きしている気がします。改めて「コーチング」とは? と考えてみると、簡単に言えば、ただ教え詰め込むのではなく相手に能動的に考えさせ

新年度が始まってそろそろ一ヶ月。バタバタとあわただしく動いていたのが、少しづつ落ち着いて周りが見えてくる頃でしょうか。新社会人となった方々は分からないまま、怒濤のように過ごしてきたことでしょうし、移動などで組織に動きがあった会社や部署も一通りの動きが見え

ゴールデンウィークも過ぎて5月も半ばにさしかかりました。早々に辞めてしまう新入社員の記事が幾つか目に留まり、多くの方の嘆く声が聞こえてくるようです。私も勤めていた頃は自分の事を棚に上げ、よく新人の事で愚痴を言っていました。いわゆる「ゆとり世代」が世に出てき

10月が始まりました。ハロウィン商戦もいっそう熱を帯び佳境に入っています。企画やイベントを考えるのは大変ですが、それでもやはりこうして大きなきっかけがあると楽しいですね。大きなところはしっかり考え準備し、だんだんと盛り上げていくのでしょうが、私が関わる中に

↑このページのトップヘ