レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン イメージ画像

クレーマー

以前にもサポートセンターのクレーム対応について書きましたが、また先日、二件ほど自分の体験をから感じた事を書こうと思います。 前回書いたのは、クレームとクレーマーのタイプに対しての話でしたが、今回はクレームのタイプではなくサポートセンターのスタッフについて

すっかり雨続き台風続きの天候で、あまり秋の風情を感じることなく冬になりそうな雰囲気です。そんな秋とも言えない秋の夜長、別件の仕事で趣味を兼ねて制作しているモノがあり、その為にこの夏に買ったプリンターを使用していたのですが、どうにもうまく動かず、カスタマー

↑このページのトップヘ