レンタルコンサルタントのカウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


レンタルコンサルタントのカウンセリングサロン イメージ画像

ハロウィン

八月も末、もう九月の声が聞こえてきました。残暑が厳しくまだまだ夏かと思わされますが確実に日々は過ぎていきます。先日、店頭で既にハロウィン飾りのケーキを見かけました。この数年、八月が終わってからのビジネスは9月、10月がハロウィン、11月、12月はクリスマスという

 世の中の動きは激しいですね。急に寒くなったと思ったら、その寒さに連動するように衆議院は解散、そして選挙へと向かっています。突然の解散に野党の崩壊、新党の発足と混沌と入り乱れる様は商売のキャンペーン合戦のような様相で、選挙なのかハロウィン前の一大イベント

↑このページのトップヘ