レンタルコンサルタントのカウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


タグ:ハロウィン

八月も末、もう九月の声が聞こえてきました。
残暑が厳しくまだまだ夏かと思わされますが確実に日々は過ぎていきます。

先日、店頭で既にハロウィン飾りのケーキを見かけました。
この数年、八月が終わってからのビジネスは
9月、10月がハロウィン、11月、12月はクリスマスという感じですが、
更に早くなって来たのかもしれません。
まあ、ファッションの世界などは冬に夏物、
夏に冬物と半年から一年先を見据えてやっていますし、
今やランドセル商戦も一年も前から始まるくらいのようですから
こうした流れは止まらないのかもしれませんね。
季節にあった商売だけでは十分に儲けが出ず、
私には、先取り、いや先食いしてしまっている前借り状態の不況に思えます。
いろいろな条件で今はマーケットが細分化し、
見極めるのが難しい時代になりました。 
コンサルタント業としても大変な時代です。

当たり前の事ですが、コンサル業をしていると
言い方はいろいろですが、基本的に皆さんに望まれるのは
「儲かる方法」「儲ける方法」何かありませんか? です。
まあ、私はHPで宣言しているようにそこはあまり得意ではないので(笑)、
同業の他の方々よりはプレッシャーは少ないかと思いますが、
それでもそうして聞かれますし、
私もそうは言っても「儲からなくて良いでしょ」 とは思っておりません。
それこそ、ちゃんと稼ぎがあり、儲かって、生活が出来てこそビジネスですから。
そこが趣味とは根本的に異なる部分ですから。
ただ、多くの方が勘違いしているのは、
皆さんが聞いてくるのは無意識に
「楽して儲かる方法はありませんか?」になっている事です。 
自分の経験では正直それは「無い」と思います。

肉体的、物理的、精神的・・・そうしたもろもろ
全てが楽で儲かるというのは無いと思っています。 
物理的に楽でも精神的なプレッシャーはとんでもなかったりと
結局は釣り合っているのだと思います。
デイトレーダーは体力的にもそこそこ大変だと思いますが、
側から見て楽してると見えるなら、そのリスクに対するプレッシャ−、
神経のすり減らし方、損への覚悟などはどうでしょう?
それを思っても楽して・・・と思えるでしょうか?

ただ本人がそうした苦労を苦労と思っていない場合はあります。
本当にそれが好きで好きでしょうがない位の人や
同じくらい自分に合った仕事に就けた場合です。
そうした方々は他の人が大変に思える事も
本人には目指すモノの途中は、ただ途中に過ぎず、
それは好きな事をしている最中になっている訳ですから。

なので、私がいつも言うのは
「楽(ラク)して儲かるのはアドバイス出来ませんが、
 楽(たの)しく出来る仕事へのお手伝いは出来ます。」
と言うことです。

さて、暑さの後の二大行事、これからの案件と自分のために
いろいろと考えておかなければと思う夏の、いや八月の最後です。
 

 世の中の動きは激しいですね。急に寒くなったと思ったら、
その寒さに連動するように衆議院は解散、そして選挙へと向かっています。
突然の解散に野党の崩壊、新党の発足と混沌と入り乱れる様は
商売のキャンペーン合戦のような様相で、
選挙なのかハロウィン前の一大イベントなのかよく分からない状態になっています。
投票に向けてはこれから落ち着いて政策が見えてきてからが問題ですね。

 さて前述したように、今や冬の一大イベントのハロウィンを前に
ビジネスも年末商戦に突入です。
各社、各店、いろいろな仕掛けとキャンペーン、イベントで人を呼び、販売する事に必死です。
こうした行事事、イベントはまさに「イベント」で、
ただの「割引セール」では無いことを考えなければいけません。
ご相談の中でも、よくどれくらい安くすればお客様が来てくれるか?
どれだけお得なら買ってくれるか? と話す方がいますが、
その値段だけに寄って考えるならそれこそ出来るだけ安くということにしかなりません。
でも、ハロウィンやクリスマスはただのセールのチャンスではなく、イベントのチャンスなんです。
しかも、世の中もそのイベントではお金を使っても良いという雰囲気です。
こんな時にただのセールで安く売るだけなんて、なんてもったいないのでしょう。
こういう時こそ高価な物、少し良い物を販売するチャンスです。
そうした値段のお得な割引セールは年末年始に開催すればいいんです。
イベントでは、ただ安いよりも「楽しい」「うれしい」が肝心なんです。
価格はそのままで、場や買い物自体、お店で楽しませる事、
ここに来ると楽しいがあれば、それが付加価値となって物を買っただけなのに、
その値段に付随するお店や人のサービスの価値を無意識に感じ、
満足度が高くなりリピートが期待できるようになります。
ハロウィンが楽しかったからクリスマスにも行こう、
クリスマスが良かったから年始の初売りにも・・・といった感じです。
ここで肝心なのは、イベント続きでセールを続け、安くこの時に買って貰おうではなく、
ここのイベントは楽しい、次も来よう、また次も遊びに来ようと思ってもらうこと、
お得感が100とするなら、価格だけで100感じさせるのではなく、
価格のお得感を50、サービスや楽しさでのお得感を50に出来れば、
価格だけではないお客様を呼び込む事ができます。
では、どうやって? それはビジネスや人、会社によりいろいろです。
そこが一番肝心で難しいところなんです。
そしてそれを考え、工夫するのがビジネスなんです。
安易に安くするのではなく一工夫を楽しく考えてみませんか?
よければ気軽にお声をおかけください。

このページのトップヘ