レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン

[ コンサルタントは相談相手、ここはビジネス保健室 ]

デザインだけでなく、コミュニケーション、マーケット、マネージメントなど多くの事に関わり経験を重ね感じた事は、
普通に考えられると思っていた事が、苦手で「コンサルティング」を必要とする方、求めている方がいるのだということ。
そして「第三者の視点で相談できる人」こそが必要なのだということです。
残念ながら、私は儲けるためのコンサルティングは出来そうにありません。
私がしたいのは、相談者さんが本当に望む形で仕事が出来るよう整える手助けをするコンサルティング。
カウンセリングのようなコンサルティングです。
そんなちょっとおかしなコンサルタントの思いや考えを綴っていく。
ここは、私(free step)のネット上の「レンタルコンサルティング」ルーム別館、ビジネスの保健室です。
学校の保健室でちょっと自分を整えるように、こちらも覗いて休んでいってください。
本館にご用の方は、是非下のリンクからお入りください。

コンサルティング&デザイン free step


レンタルコンサルタントの       カウンセリングサロン イメージ画像

客観的

九州では酷い雨が続いています。近年は、毎年どこかが豪雨災害に見舞われているきがします。何より命が一番大切ですが、社員の為にも、仕事としてのリスク軽減のためにも会社も対応を考える事が必要です。 さて、前回はコンサルタントとしての客観性の大切さについて書きま

 先日の日曜は東京都都議会選挙でした。今回は都民ファーストと自民党がどうなるかが焦点でしたが、結果としては都民ファーストの圧勝、自民は歴史的大敗という結果に終わりました。さすがにそれだけの結果となると国政にも響くといろいろとニュースになっていますが、ここ

↑このページのトップヘ